Skip to content(本文へジャンプ)

想い切りトーク Vol.023 前編

  • 想い切りトーク
  • Vol.023
  • 前編

大切なのは、謙虚で素直な心と確固たる信念

取材日: 2017/10/12

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェアする
  • DHLジャパン株式会社 執行役員人事本部長
    遠藤 明
  • インタビュアー北澤 孝太郎

国際総合物流の各分野でグローバルに活躍を続けているDHLグループの中でも、自社の貨物航空機を用いて貨物の国際輸送を行うエクスプレスサービスを展開するブランド「DHL EXPRESS」の日本法人であるDHLジャパン。5年連続でGreat Place To Work(働きがいのある会社)のベストカンパニーにランクインするなど、人事施策でも物流業界を牽引している、同社人事本部長の遠藤 明氏にお話をうかがった。

PROFILE転職はいつも魅力的な人との出会いから

遠藤 明

北澤
遠藤さんはアメリカンスクールご出身なんですね。
遠藤
はい、都内にあるミッション系のアメリカンスクールに小学校から通っていました。父が貿易会社を経営していまして、将来、日本ではない場所で働く可能性があるだろうと。ただ幼い頃から家では日本語で会話していましたので、語学の面では非常に大変でした。
北澤
そして大学からはアメリカに行かれたと。どういったことを学ばれましたか?
遠藤
カリフォルニアの大学で生物学を学びました。その後、大学院では神学、聖書の学びや心理学、カウンセリングなどを勉強しました。そして日本に戻り、父の貿易会社を手伝っていたのですが、成長する機会がもっと欲しいと思いました。そこで、「週に1日は手伝うから、ほかの5日は別の仕事をさせてくれ」と父に交渉したわけです。
北澤
そして金融会社に就職されたわけですね。
遠藤
はい。当時、日本では消費者金融が高金利などで問題になっていて、日本に消費者金融を作ろうということで、大蔵省から招かれたアメリカの金融会社でした。立ち上げなので、少人数で営業をしたり店舗を開発したり、弁護士と一緒に5年計画、10年計画を作ったり、非常に学びの機会が多かったですね。そしてだんだんと社員数が増えていって、社長に「そろそろ人事部をつくるべきではないか、遠藤、向いているんじゃないか?」と。それが人事という仕事に携わるようになったきっかけでした。
北澤
そこから外資系の企業を何度か転職されていますね。リーマンブラザーズやGEなどの人事トップを務められている。まだ当時の日本は終身雇用制で、転職は一般的ではない時代でしたよね。
遠藤
会社に残りたい確固とした理由があれば、転職はしなくていいと思います。ただ、転職するために転職するっていうのはどうかと思います。なぜ転職したいかがしっかりしていることが重要ですし、目的のない転職は失敗します。私の場合は、会社をブランドで選ぶのではなく、どういう人と過ごすのかを大事にしてきました。転職するときは「一緒に働いてみたい」と思わせてくれる魅力的な人との出会いが常にありました。
北澤
これまでずっと人事に携われてきたわけですが、ご自身が採用をされる際にも、これまでの経験が活かされているのでしょうね。
遠藤
そうですね。会った時点で重視するのは、その人を信頼できるか信用できるか。そして正直に話をしてくれるかだと思います。何かはっきりしない理由で転職を躊躇している場合は、それを理解するよう努力しますし、メリットを提供することが本当にできるなら本人にもプラスになるし、双方がウィンウィンになる。
北澤
今お勤めのDHLジャパンに入られる前、何年かブランクがあるようですが、こちらは?
遠藤
前の会社は定年退職です。年齢的にもういいと思いましたし、趣味に時間を使いたいと思いまして。教会で聖書の勉強会をやっているんですが、人が成長して変わっていく姿を見るのは楽しくて、それが何よりの喜びです。DHLジャパンは、5年前でしょうか、今の社長は以前別の会社でも一緒だった方なのですが、「人事部長が辞める、また一緒に仕事しないか」と声をかけられたのです。その社長ともう一度働くのも面白いかもしれないけれど、もっと若い人がやるべきだと最初は断りました。その後、説明を聞いたり会合に出たりするうちに、人を大切にする文化が非常に素晴らしい会社だということがわかり、今に至ります。

MISSION環境やチャンスを与え社員をサポートするのが人事

遠藤 明

DHLジャパンでは、「自らの志でキャリアパスを築く」というチャレンジ精神が風土として根付いている。ダイバーシティ促進への新たな取り組みの一環として女性リーダーの拡充などを目指すWomen In Leadership、昇進、異動は原則的にジョブポスティング(社内公募)など、社員のチャレンジを応援する制度が充実している。これらの継続的な取り組みによって、5年連続でGreat Place To Work (働きがいのある会社)のベストカンパニーにランクインするなど、社内のみならず外部機関からも高く評価されている。

北澤
御社ではさまざまな取り組みを人事で行っていて、結果として従業員満足度も高く、働きがいのある会社として受賞もされています。大切にされているのはどんなことでしょうか?
遠藤
やはり基本は「人」です。優秀な人は誰が見ても優秀です。また、この仕事は向いてないなという人もはっきりしている。その中間で、本当はできるけれど、何らかの理由で自分の本当の強みを出せてない人がいる。そういった人たちにあらゆる機会を与える。ワンモアチャンスを与えることが、大きな仕事の一つだと思います。社員一人ひとりは、人生で一番大切な時間をこの会社に投資しているわけです。形式上、場所を与えるのではなくて、成功する環境を与えてサポートしてあげることが大切だと思います。
北澤
優秀だけれど合わない、コンビネーションの問題などもありますよね。
遠藤
そうですね。それをきちんと相手が理解できるように、正直に、相手が受け入れられるように話すこと。それが私の仕事だと思いますし、一度それがわかると、大部分の人は頑張ります。次のポジションまで行きたい、やりたいという人がいたら、失敗をしても守ってくれるという環境をつくることが一番重要だと思いますね。

SPECIAL

北澤の想い

想い切りトーク編集部から
インタビュアーの北澤に逆インタビュー

  • メールマガジン登録はこちら
  • レジェンダ・コーポレーション株式会社