PERSON

採用支援事業部
2011年新卒入社

人事・採用プロジェクトマネージャー

中村理紗

勇気を持って手を挙げさえすれば、
挑戦と成長の機会が無限に広がっていく。

PROFILE

2011年、新卒入社。法学部政治学科出身。
入社後3年間は、センター型で6社の新卒・中途採用プロジェクトを担当。4年目より、IT企業の中途採用立ち上げや、同業界他社の新卒採用など、クライアント常駐型サービスに従事。

「人事のプロ」を目指す以上、回り道はしていられない

中村理紗

大学時代のアルバイトは、学習塾のチューター。受け持った生徒の進路相談やスケジューリングを通して、「人の人生に関わっていく仕事」の醍醐味を知りました。そんなこともあって就活では、教育業界を起点に、人に関わる業界全般、さまざまな業種・職種を模索していきました。

アルバイト経験から、当初は「個」のみに目を向けていたのですが、次第に「個」の集まりである「組織」にまで関わることで、より「人の人生」にインパクトを与えられるのではないか、と考えるようになりました。これが「人と組織」、つまり、「人事」を仕事にしようと思ったきっかけです。

とはいえ、新卒で入社して、都合良くいきなり人事部に配属されるチャンスはごくわずかです。私は「人事のプロ」という明確なビジョンがあったので、それは回り道。となると、専門職しかありません。こうしてたどり着いたのがレジェンダでした。

レジェンダは人事アウトソーシングのパイオニアだけあって、誰もが知る大手クライアントが多いのも魅力の一つ。大きな仕事があるということは、他社にはない成長のチャンスがつかめるということですから。

仕事の借りは仕事で返す

中村理紗

入社早々、新卒・中途採用両方のプロジェクトも掛け持ちさせてもらいました。規模・業界ともに幅広く経験したかったのと、一年ワンサイクルの新卒採用だけじゃなく、サイクルの早い中途採用も経験して仕事を一通りこなしたいと考えていたのでありがたかったです。

そんな一年目に携わった金融系企業の新卒採用プロジェクトですが、私自身初年度で未熟な点やちょっとしたミスがあったのも響いてしまったのでしょう、翌シーズンは契約できませんでした。金融業界のこともやっとわかってきた矢先、デビュー戦でつまづいた悔しさは忘れられません。

しかし、翌々年、挽回のチャンスが巡ってきたのです。お客様は競合他社では満足できなかったとのことで、再び声をかけてくれたのです。その話を受けて「私にやらせてください」とメイン担当に立候補しました。3年目でプロジェクトのリーダーを務めるのは時期尚早かもしれませんが、仕事の借りは仕事で返すべきなのです。

シーズンを通して無我夢中で取り組んだ結果、期待通りの採用目標を無事達成。さらに翌年以降も、クラウド型人事システム「EHR」へのシステム完全移行や内定者フォロー施策をはじめとしたイベント提案など、業務範囲を拡大しながら継続と、お客様にとってなくてはならないパートナーシップの礎を築くことができました。

私がプロジェクトを抜ける際には、なんとこれまで関わった人事部門の方全員からサプライズでお手紙の束をいただきました。思えば初年度、電話を受けても「中村さんじゃわからないと思うから」と頼りにされなかった私が、ここまで信頼されるようになったんだなと、涙ながらに成長を実感したものです。

キャリアの選択肢にも変化にも事欠かない、無限大に成長できる環境

中村理紗

この挽回が私にほのかな自信を植え付け、さらなる挑戦に臨みます。それは、IT企業への常駐プロジェクトで、ある事業の中途採用を新たに立ち上げるというミッション。

単なる立ち上げならよかったのですが、実はいくつかの既存事業が合体して新事業となる中での新体制構築で、バラバラだったやり方をひとつにまとめあげなくてはなりません。しかも、毎月100名ほどいらっしゃる応募者の対応をしながらの並行作業となります。

こんな一筋縄ではいかない難題だからこそレジェンダの腕の見せどころだと言えます。各担当者の想いをとりまとめ、落としどころを見つけたうえで新たなルールやフローを整備した結果、この新体制下で各段に採用数を増やすことができ、お客様への引き渡しまでを無事成功に納めました。

お客様からの評価は上々で、現在でも追加案件が舞い込んでいます。これを受け、レジェンダ社内で「顧客の発展」のVPを受賞でき、私の挑戦はたしかに実ったと実感しました。

企業が発展するうえでは人材が必要不可欠だったり、社会全体としても適材適所が求められたりと、「人と組織」の悩みは尽きることはありません。そう、この仕事は一生もの。経験がスキルに変わり、新たなスキルが新たな課題解決に貢献する、そんなやりがいに満ちています。

特にレジェンダは、マネジメントレイヤー、専門分野に特化したスペシャリスト……と、活躍している女性の先輩が多く、いろいろなことに好奇心旺盛な私にとっては将来の選択肢が多すぎて逆に困っているくらい。

同時に、ちょっとした変化でもワクワクする私ですが、就活のトレンドは毎年変わるし、お客様が変わればやり方もがらっとも変わるわけで、ルーティンワークに陥る状態なんてまったく想像できないほど。つまり、レジェンダは私にとって無限大に成長できる環境だと言えるでしょう。