PERSON

採用支援事業部
2012年中途入社

人事・採用プロジェクトマネージャー

入部浩光

プロジェクトマネジメントから経営まで。
「人事」は、そこに横たわる
普遍的なプロフェッショナルスキル。

PROFILE

アパレル製造小売を経て、2012年、中途入社。
不動産/デベロッパーの新卒採用プロジェクトを3シーズン担当。担当最終年度はプロジェクトリーダーを務め、現在はインターネット企業の新卒採用、人材企業新卒採用といった複数のプロジェクトを統括。

人事はどこでも通用する普遍的なスキルだ

入部浩光

前職は新卒で入社したアパレル製造小売。あらゆる店舗業務をこなせるようになったものの、次第に閉塞感を抱き始めました。ずっと店舗にいるうち、外の世界と遮断され、つながりがなくなっていくことに不安を覚えたんです。

もしこの会社がなくなったとして、はたして自分に何ができるんだろうと考えたときに、同業他社くらいしか思い浮かばなくて、ぞっとしました。普遍的に通用する能力を身につけるなら、そのスタートは早いにこしたことはないと思い、即転職を決意し、業界・業種をゼロベースから見直すことに。

まず、文系出身なのでものづくりは難しい。また、営業は前職の経験からどうしても商品力に左右されることがわかっていたため積極的になれませんでした。そこで目をつけたのが無形物であるサービス。自分のスキルを伸ばせば伸ばすほど、商品である自分自身の付加価値が高まるところに魅力を感じたのです。

数あるサービスの中でも、「人事」は「企業は人なり」という言葉の通り、どの業界でも必要不可欠なものです。そんな普遍的なスキルを身につけられると感じて、転職

エージェントから紹介されたレジェンダの門を叩いたのです。

プロフェッショナルの自律性と主体性がレジェンダの文化

入部浩光

入社して受けたカルチャーショック。それは、前職では全員かっちり決められたスケジュール通り動くのとは対照的に、レジェンダでは一人ひとりがプロフェッショナルとして自律的に動いていること。

そのカルチャーはサービス自体にも如実に現れていて、レジェンダの採用アウトソーシングが提供する価値は顧客の採用活動の成功、そして継続的な発展。そのためには、手段を選ばず、たとえ自社製品じゃなくても、お客様にとって最適なものであれば提案するという、柔軟なスタンスに強みを感じました。

自分自身も、入社早々担当した不動産/デベロッパーの大規模新卒採用プロジェクトでシーズンを重ねるうちに、主体的に社内外のメンバーを動かせるようになったり、何をどうすればどんな効果があるかといった引き出しが増えたりと、たしかな成長を実感する毎日。

何しろ先のクライアントの採用活動は、万単位の応募者を短期間で選考するというもの。そのために数ヶ月かけて入念に、システマチックに積み上げていき、そして「よーいドン」の合図とともに、確実に、スピーディーにゴールまで走りきるわけです。最終的に、プロジェクトリーダーを任されるまでになり、レジェンダ流プロジェクトマネジメントをものにできたのは大きな自信になりました。

究極の普遍的なスキル=「経営」を身につけるうってつけの場所、レジェンダ

入部浩光

一口に「採用アウトソーシング」と言っても、新卒・中途はもちろん、業界・業種の違い、そして、センター型か常駐型かによっても、その姿は大きく変わります。そのため、「1シーズン・1プロジェクトではもったいないですから、様々なお客様の採用課題の解決を同時並行的に支援することで、スキルの普遍性に磨きをかけていきたい」という想いを常に抱いています。

そういう意味でも、インターネット企業新卒採用プロジェクトにいて常駐型サービスを経験したことは大きな糧になりました。常駐では、まだルーティンワークに落とし込まれていない仕事をサルベージし、成果につなげていくことに意味があるので動き方が変わりましたし、また、お客様のすぐそばでともに仕事を進めることで、センター型では見えなかった世界を垣間見れるわけで、視点がひとつ増えた気がします。

現在は、複数・異業種のプロジェクトを回していますが、毎シーズンのプロジェクト単位を越えて、中長期的な視点で顧客との関係づくりを行うアカウントマネジメントが課題です。さらに、まだまだ多くのステップを踏まなくてはならないと思いますが、いつか自社におけるグループマネジメントをしてみたいという想いも。人的マネジメントもまた普遍的なスキルだと思いますから。

その先にある、究極のマネジメントスキルである「経営」を学ぶうえでも、レジェンダはぴったり。前職の社長も本やインタビューで経営論を展開していましたが、どこか異世界の話に思えてしまう部分もありました。しかし、レジェンダでは藤波さんの言葉はすべて自分の仕事に置き換えたものとしてイメージができるくらい、「経営」が近い環境と思います。