BUSINESS

レジェンダの仕事

人事の仕事とは: 企業を構成する「人と組織」のあらゆる場面に関わる

企業は「組織」の集合体であり、組織は「人」の集合体です。
「人事」の仕事を一言でいえば、この「人」と「組織」のパフォーマンスの最大化です。

「人事」は、採用に始まり、育成・配置・評価、最終的には退職に至るまで、その「人」のあらゆる場面に関わります。

人事の仕事とは

レジェンダのビジネス領域: 企業人事へのプロフェッショナルサービス

そんな重要な仕事「人事」を担当するのが企業の人事部ですが、人事部員は日々悩んでいます。
たとえば、次のような課題です。

レジェンダのビジネス領域

多くの人事部員が検討を重ねても、限られた時間の中では、なかなか答えを見いだせません。
そこで、人事課題の専門家が求められます。これが、レジェンダのビジネス領域となります。

レジェンダの仕事の流れ: 戦略的人事アウトソーシング

顧客企業のテーマに合わせた課題の定義と解決策を、顧客企業の人事部と併走しながら作り上げていきます。
さらに、そこで終わりではなく、成果を出すところまで「実行」するのがレジェンダの特長。
この「机上の空論で終わらせることなく戦略実現を成し遂げる」というアプローチが、業界でも類を見ない「戦略的人事アウトソーシング」というサービスを創出し、そのパイオニアとして多くの実績を積み上げてきたのです。

レジェンダの仕事の流れ

なお、レジェンダが「大規模・複雑な案件への対応力と構築力が強み」に定評があるのは、もともとアポロ計画をはじめとした前人未踏に挑むために考案された「プロジェクトマネジメント」の手法を、人事分野に導入したためです。

プロジェクトマネジメントとは、顧客も含め、ひとつのチームとしてとらえ、目標達成までに必要な要素を徹底的に洗い出し、フローの構築、スケジュールの策定、役割分担・実施作業の明確化などを綿密に行い、目標達成までの筋道をたしかなものにしていく技術です。

これを活用することで、レジェンダは常に「この時点で課題解決がどれくらい進んでいるか」を確実に把握できます。そこで、その時々に応じて柔軟なアクションを繰り返すことで、最終的に顧客をゴールまで導けるのです。

レジェンダの仕事の醍醐味: 一流のビジネスパーソンへ成長できる環境

国内外の多種多様な一流企業の、最新・最旬の人事戦略を経験できる

人事部(人事機能)がない企業はありません。つまり、すべての企業がレジェンダの見込み顧客だと言えます。

レジェンダのビジネスステージは、業界×職種×地域と非常に幅広く、そのニーズは実に様々。例えば業界が異なるだけでも全く違う人事上のテーマが出てくるのです。多くのニーズに応えるということは、一企業の人事担当者では味わえない幅広い経験が数多くできると言えます。

加えて、「人と組織」というテーマは、毎日何かしらトピックが上がるくらい、注目の高い分野。このため「人事」にはトレンドがあり、それぞれ対応も求められます。

これらは、まだ世の中にほとんどないノウハウのため、一企業で取り組むのは難しいもの。レジェンダは、これまで培ってきた知見のもと、顧客に合った取捨選択を行い、新しい価値創造を支援しています。

このようにバラエティに富んだ課題解決・未知なる地平の開拓に取り組めるので、大きく成長したいと考える人には最適な、常に刺激的な環境なのです。

  • 超大手企業1000人新卒採用

    超大手企業
    1000人
    新卒採用

  • 日本に数名のスペシャリスト採用

    日本に数名の
    スペシャリスト
    採用

  • 「採りに行く」採用へのスタイルチェンジ

    「採りに行く」
    採用へのスタイルチェンジ

  • 企業の人事機能を丸ごと引き受ける一括支援

    企業の人事機能を丸ごと引き受ける一括支援

  • 労務制度上の社内カルチャーの改善

    労務制度上
    の社内カルチャーの改善

  • 最新の法律や行政からの要請への対応

    最新の法律や
    行政からの
    要請への対応

  • システムによる業務の部分最適化

    システムによる
    業務の
    部分最適化

  • 最新技術・インターネットの駆使

    最新技術・
    インターネット
    の駆使

顧客と併走して、
大きな目標を達成できる

顧客から具体的な課題をヒアリングした時点では、レジェンダとしても確信できる答えを用意できていないケースがほとんどです。それだけ、「人」に関わる課題は、なかなか解決できない複雑さと難しさがあります。

このためレジェンダでは、答えは顧客とともに作り上げていくものだと考えています。それは、決して押しつけがましいひとりよがりなものではダメで、実際に顧客企業内のチームの一員としてアクションし、いくつもの仮説を検証した上ではじめてたどり着くものなのです。

だからこそ困難な課題だったり、ビッグプロジェクトだったりするほど、成果を出せた時の喜びはひとしお。顧客と併走し、チーム一丸となったからこそ味わえる達成感。そして何より、人と組織のパフォーマンスを向上させることで顧客への貢献を実感できることでしょう。

レジェンダが目指すのは名実ともに「お客様の真のパートナー」。信頼あふれる、戦友が次々に生まれていく環境なのです。

  • お客様と同じチームメンバーとして協働する

    お客様と同じチームメンバー
    として協働する

  • 大きな山を登り詰めた時こそ達成感はひとしお

    大きな山を登り詰めた時こそ
    達成感はひとしお

新しいビジネスの
創出に立ち会える

のべ700社以上の顧客企業の課題解決に携わってきたレジェンダ。こうした課題は決して一社固有のものではなく、共通要素を見いだせることがあります。

そこで、レジェンダは顧客に提供した解決策を、同様の課題に悩む多くの企業に提供できるようサービスとして切り出し、さらなる商品開発のもと、市場に提供してきました。

今やレジェンダのプロフェッショナルサービスを提供するインフラとなった人事統合システム「EHR」をはじめ、知見から生まれた商品は、枚挙に暇がありません。

このように、「顧客のニーズを帰納的に商品として昇華させ、事業として成長させる」、レジェンダは、それが日常茶飯事に行われている、イノベーティブな環境なのです。

  • 人事統合システムEHR

    人事統合
    システムEHR

これから働く皆さんにもそのチャンスがあります。単に目の前の業務だけをこなすのではなく、その経験やナレッジを通じて、何か大きなビジネスにつなげられないかの意識を常に持ち、チャレンジしてほしい。こうしたチャレンジを応援する環境がレジェンダにはあります。